定期預金とは

不景気の影響で、貯金をする人が増えています。同じ金融商品でも、先物取引や株式投資はリスクがあるし、難しく面倒臭い。定期預金では、殆どリスクはありません。

定期預金とは、契約をした満期日まで原則として払い戻しをしないことを条件に、普通預金などよりも高い金利となっている元本保証の預金商品をいいます。一般に定期預金は、日常生活で決済や手元資金管理の基本となる普通預金に対し、貯蓄や中長期運用が基本となる、銀行・信託・信金・信組・労金などの金融機関が提供する、代表的な金融商品です。

定期預金に預け替えれば、普通預金と分けられるので生活口座と貯める口座を分けることができて、しっかりお金が貯まります。満期までは基本的に資金を引き出すことはできないので、貯金したいと思っているけどなかなか貯金できない人は、「貯める」ということをより意識できるでしょう。
一定期間の間預金することによって、半ば強制的に貯蓄をすることができます。また、普通預金より、若干ではありますが金利が高い事も魅力です。

金利は低くなったとはいえ、ゼロではありません。塵も積もれば山となる。どうせ貯めるのなら少しでも金利のつく定期預金を選んだ方が確実にお得です。
このサイトでは定期預金を始めるために必要な知識として、口座の作り方、利息について、銀行が破綻した場合についてを解説します。せっかく預けるのなら、少しでもお得な金融商品を選びたいものです。長く続く低金利時代、資産をどのように運用することが最も効果的なのか一緒に考えてみましょう。

Copyright © 2014 定期預金の始まり All Rights Reserved.